So-net無料ブログ作成

★2017.2.22記★「泉」東京アカデミー女声合唱団 。コンクール入賞曲 [音楽]

         皆々さん 

     お変りありませんか。

                小生、”泉„から 

              遥か下流(かわしも)、

       東京都の 激しい本流、

        しかも、急斜面の上の

  〈巣〉から這い出て、東京の中央で 

       この大曲での競演です

       ⁂ 上記の続き・・・・ 後日改めてまた追記いたします ⁂

   、


nice!(0)  コメント(0) 

2017・2・3日 記  ★「機 織 る 星」★」(はたおるほし)・東京アカデミー女声合唱団(コンクール)指揮.指導・ [音楽]

           ....  目を閉じれれば・・・ 

               外界(そと)は光る繭のよおう

    絹の幾筋もが 風になびく
        それを胸のうちに くりよせ て

   織女が織る 乙女らへの

             名も知れぬ布地

          羽の大きな青い蝶が飛び

    つる草に 小菊も ちりばめて
            

             遠く馨る 

        千代紙模様の 幼い日々よ

    乙女らの胸に抱く 夢のもろさ

            褪せやすい 袖の朱の望みが
    織女の手もとを かげらせ

     見えない瞳を なお  

         くもらせて ・・・・

        祈りをこめて  乙女らの袖に織る

  ---- 乙女らの髪が ふり仰ぐ ----

   ーーー  織女のふるさと -藍空にかかる 

     紺碧の川の一筋  褪せないものの

           証の色

         果てない夢の 在りかへのしるべ

              ひとつの星を恋いながら

       陽の下にある痛さに耐えて
         
なお 人の世の娘のために

            織女は きょうも   

    定めの絹を織る・・・(ホールのざわめき・・・・)


nice!(0)  コメント(0) 

[2016-12-24記] ★「虎」★ 東京アカデミー女声合唱団コンクール入賞《指揮高野一重・テナー》) [音楽]





--- 
 ----

       **「 虎」の ❝歌詞❞、

         この地上」、より

  深い森の奥 藪かげに

   息をひそめ、待ちわびている虎の眼が

   あやしく、するどく、 ひかるとき

      森は、さらに静けさをまし 

  耐えかねたように 梢の雪が落ち

  おどろいて逃げる  鹿の足音・・

 狐の足音 逃げてゆものと 

  分かち合う言葉ももたず 虎はただ !

   虎であることを き受けて生き

 身をはみ出すほどの 大きな飢えと 

  渇きに ふさわしい 孤独の道を

 踏みしめがら 虎は探す.鹿よりも... 

 水辺よりもなお 深く己れを充たし癒すもの

 虎がさらに 虎となるためのものを

      烈しく今日も!!! 

  ........ さがし求めて.....

   .... 虎は歩む  ....

   ・・・ 歩いてゆく .....

     * 後奏から、4秒経って、拍手が起こります(会場が息を呑んだ) とか......*

   --------------------------------------------------------------------------------

         


nice!(0)  コメント(0) 

★2016・lastStageの ~~風~~~★   ・・・・《テナー》 [音楽]

   本年度も”菊の花„がまた 香り咲いた!!

            ------------------------------------

 

IMG_3107.jpg

  天空の峰を目出す体力よりも 

        下山の方が 苦しい!!

     いえ!! 

   小生の声楽家人生のことなのである

       きのうのことであった

   「児島高徳」(こじまたかのり)

   「影を慕いて」の歌を「知らない」と

     会場が手を上げないのだった!

    300席のホールでだ・・・・!!。

     改めて日本国民が50歳以上の、

 「高齢者」が「愛唱歌(者)でないことを

   知ったのです。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ★ 人間生活の基礎は「歌である」

  ★歌は「訴える」である

    ★ 歌は「祈り」である

  ★愛の表現の最高、それは「歌」である

        。。。     。。。       。。。。

    +* うう さん ぼおぼお は、ちよん、ちょん、の季節ですね。

       (ぬくくして出かけましょう):::::(上記ヒント)

 

   

   


nice!(0)  コメント(0) 

2.016.10.15記 ★秋風に流されて4年後のオリンピックを想う★ 《テナー》 [音楽]

♬ アンサンブルの姫たち ♬

20161015完成.jpg

    それは遠い国に今もしっかりと建つ

      400年前の競技場のことだ

  それも石だけを積み重ねて、鉄筋は皆無!!

   何度かの地震の揺れにも岩山の石のごとく

       現代に至っているのだそうです。

  (今世紀は教会となってとんがっているのだ)

  

    ヤマトの国、神々の日本国民に、

       小生は今、強く相談したい!!

  何故、オリンピック メイン会場を

           「石」で作らないのか!!

     「3兆円」はメインスタジアムだけのみの

   創作で当然であると小生は理想するのだが......

      4年後~の次年度(五年後)は世界一の 

   「世 界 遺 産」に なろう ものなのに .........

      ★ ★ 未完成文 は次記に続く ★★

  ..................................................... 

   ★みなさん、①2014,11,28「秋の女よ」

          ・・(下方を押す)・・

   ②「平城山」(ならやま

   ③「秋の月」...... 

         (お聞きして頂ければ、嬉しく思います。)

 


nice!(0)  コメント(0)