So-net無料ブログ作成

2017・2・3日 記  ★「機 織 る 星」★」(はたおるほし)・東京アカデミー女声合唱団(コンクール)指揮.指導・ [音楽]

           ....  目を閉じれれば・・・ 

               外界(そと)は光る繭のよおう

    絹の幾筋もが 風になびく
        それを胸のうちに くりよせ て

   織女が織る 乙女らへの

             名も知れぬ布地

          羽の大きな青い蝶が飛び

    つる草に 小菊も ちりばめて
            

             遠く馨る 

        千代紙模様の 幼い日々よ

    乙女らの胸に抱く 夢のもろさ

            褪せやすい 袖の朱の望みが
    織女の手もとを かげらせ

     見えない瞳を なお  

         くもらせて ・・・・

        祈りをこめて  乙女らの袖に織る

  ---- 乙女らの髪が ふり仰ぐ ----

   ーーー  織女のふるさと -藍空にかかる 

     紺碧の川の一筋  褪せないものの

           証の色

         果てない夢の 在りかへのしるべ

              ひとつの星を恋いながら

       陽の下にある痛さに耐えて
         
なお 人の世の娘のために

            織女は きょうも   

    定めの絹を織る・・・(ホールのざわめき・・・・)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント