So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2017.10.6『 海よ』:(リクエストにて):波の音の無いバージョン。(前曲もアンコールしてください。 [音楽]



 もう 秋ですね ...自分自身では 気にして

   いなくても、体調不良に なりがちですね。
           それは 地球自身の「天然気圧」の
     想いに 誘われて いるからです
               「人間と言う 生物多様性」だけの
          特権だからです」
      :::➊小生、きのう 何と「ルチア」の
       ”S席、が取れたのです!!
     
   ::➋何と!!、巣(自宅)の隣に車を置ける
                 ことになったのです、
  (これまでは100メートルも離れていたのです)
       もうひとつ 驚きがありました。
        
     ::::  のですが、勿体ぶって 明日にします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017・9・11記 (文.更新4記事目) ★【海よ】★東京アカデミー女声合唱団:コンクール入賞曲より [音楽]



            ★-- 宇宙たち、神秘へのあこがれ-- ★ 

   --------------------------------

 何兆年、前なのか?nothingのみの天体が

 あったのだろうか-- だが、また 何億光年か過ぎ.

 天然界の宇宙は無言で「光」を想像したのだ・・・ ★

 ----あの世は「この世」と★ステージングしたのだ!!★

 ----地球はどのくらいかの、のちに白色の湯気(ゆげ)達が

 気圧の・「愛」たちとなり塊り始めたのだろうか ---

  .....    ...     ...    ..

眼玉」だけの様な人類の「母」は海の風波の白い手

 (てまねき)の〈水玉〉たちが、いつごろかの、のちに 

  ..... 音連れて(訪れて)くれたのだろうか・・・  

 ........................................................


   ・・・ パンパスグラスの風 ・・・の

    

    IMG_3253.jpg           

     

              ----  2017、9、11 記 ------

  みなさん、「海 よ」にはもう

   訪れて下さいましたでしょうか。

 小生今夏は、あちこちで歌いすぎ、今季の気候、気圧に

 体力の維持には、和牛肉で何とか、かんとか乗り越え、

 やっと、いま「早秋の風の おとづれの、やさしさに

 包まれ、一休みしています。

 そんな、けさ ・・・・ 久しぶりに、ベランダから

 自分の「荒地」を、「申し訳なく思って」眺めました

 ところが 何と「かやの花」【パンパスグラス】の

  「彼と彼女」が小生を、1! 見上げていたのです。


  ・・・早秋の風に・・ゆられて・・


          

      ・・・・ 未完文は次記にて ・・・・








             










   


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

★2017・5・8記★ ー 春 風 の よ そ お い ー 《テナー》 [音楽]




コンサートホール ⦅東 京》


IMG_3198縮小.jpg

    何と悲劇のヒロインなことか

     小生の重要な日に ピアニストが

  他の団体コンサートのp伴の日

          であったのだ!!

   

  ---???-----2日すぎた!!;;

    

   ある大団体からの電話で

      深夜にけたたましく、

           起こされた!!

  「日本一の⦅ピアノコンクール

        グランプリ奏者)を

  P伴に振り向けるが

          「どうだ!!」

     ?????

    なんと  突飛なことか!!」

   ------ --------- ------- -----

      ---- 1夜があけて ----

   

 .... 合唱団の代表者が、都内から

     はちみつの原液を持って

       やってきた !!・・・・


   ア マ リ リ ス


IMG_3077ぶろぐ入力1.jpg


kkk



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

★2017.2.22記★「泉」東京アカデミー女声合唱団 。コンクール入賞曲 [音楽]

         皆々さん 

     お変りありませんか。

                小生、”泉„から 

              遥か下流(かわしも)、

       東京都の 激しい本流、

        しかも、急斜面の上の

  〈巣〉から這い出て、東京の中央で 

       この大曲での競演です

       ⁂ 上記の続き・・・・ 後日改めてまた追記いたします ⁂

   、


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017・2・3日 記  ★「機 織 る 星」★」(はたおるほし)・東京アカデミー女声合唱団(コンクール)指揮.指導・ [音楽]

           ....  目を閉じれれば・・・ 

               外界(そと)は光る繭のよおう

    絹の幾筋もが 風になびく
        それを胸のうちに くりよせ て

   織女が織る 乙女らへの

             名も知れぬ布地

          羽の大きな青い蝶が飛び

    つる草に 小菊も ちりばめて
            

             遠く馨る 

        千代紙模様の 幼い日々よ

    乙女らの胸に抱く 夢のもろさ

            褪せやすい 袖の朱の望みが
    織女の手もとを かげらせ

     見えない瞳を なお  

         くもらせて ・・・・

        祈りをこめて  乙女らの袖に織る

  ---- 乙女らの髪が ふり仰ぐ ----

   ーーー  織女のふるさと -藍空にかかる 

     紺碧の川の一筋  褪せないものの

           証の色

         果てない夢の 在りかへのしるべ

              ひとつの星を恋いながら

       陽の下にある痛さに耐えて
         
なお 人の世の娘のために

            織女は きょうも   

    定めの絹を織る・・・(ホールのざわめき・・・・)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -